セミリタイアしたい人のブログ

ブログで副収入を得るために頑張るブログ。まずは月1万円が目標。

スポンサーリンク

 

口唇ヘルペスにお悩みの同志様、いらっしゃいますか?

 唇が痛いというのはタイトルの通り、何を隠そう僕は口唇ヘルペス持ちなのです。

 口唇ヘルペスってなんぞや? という方の為に説明しますと、ヘルペスウィルスっていう奴に感染して唇の周り(僕はほぼソレですが、顔とかにも出来たりするらしいです)に水膨れみたいな疱疹(ほうしん)が出る病気です。

 一度感染すると、現代の医学でも完治させる事は出来ないようで、一生付き合っていなかければならない病気です。

 が、この病気自体は発症しても2週間足らずで症状は治まり、また同様に疱疹が出るまでにはかなりのスパンがあります。

 なので、深刻すぎるという病気ではありません。ありませんが、それでもこの病気は何度も何度も繰り返し起こるために正直かなり煩わしいです。

 ご飯を食べるのも大変ですし、歯医者さんで口を開けるのも辛かったりします(唇の端っこに出来るので、大口を開けると皮膚が裂けます)。マスクも擦れて痛痒いですし、他人の目が気になるという人も居るでしょう(症状が酷い時はかなり醜くなります)。

 

 僕は今、ほぼ常時マスクを着用しています。

 理由としては、子供に病気を移さない為と、子供から病気を貰わない為です。

 保育園で土日祝日を除いて、保育士さんや園児たちと遊んで帰ってくる我が子(送り迎えは奥さんが担当)ですが、保育園に通う子というのは誰かしらが風邪を引いています

 もちろん、保育園側でも加湿器を使ったりアルコール消毒をしたり(園児たちはしていないと思いますが。幼い肌には刺激が強いかと思います)感染の対策をしていますが、それでも防ぎきれるものではありません。

 で、見事に移し移されの関係を築いて帰ってくる我が子を慈しみつつ、自分たちの身も守らなければなりません。嗚呼無常。

 だもので、ヘルペスが出来ちゃうとマスクがつらいのです……むしろ、マスクしてると刺激で悪化するんじゃないかにゃー、という気がしてなりません(あながち間違ってもいないと思います)。

 

 そんなヘルペスですが、罹(かか)ってしまったものは仕方ないのです。

 僕たちにできるのは、身体を健康に保ちなるべく発症しないようにする事と、発症した場合は速やかに鎮める事です。

 

 ヘルペスが発症するのは、主に風邪や疲れなどで免疫機能が働きづらくなっている時です。

 まず大事なのは十分な睡眠。これでしょう。

 ストレスの発散の為に趣味を楽しむのも大事ですが、身体は正直なもので肉体的な疲れは確実に蓄積します。

 それを解消するには身体を横にするのが一番。人間は1日に7~7時間半の睡眠が適度だそうです。それは、昼寝とかを含む合計の時間で良いとの事。

 夜に5時間、昼に30分、帰ってきて2時間とかでも良いわけですね。少し変な配分ではありますが。

 

 次に大事なのは食事。コレもかなり大事です。

 食事で栄養付けようって事でしょ? と思ったそこのキミ、そこのアナタ、あいや待たれよ。

 もちろん、1日3食の食事も大事なんですが、実は栄養の種類も大事になってくるのです。

 実は、アルギニンという栄養素を摂るとヘルペスウィルスが活性化してしまうのです。アルギニンは豚肉や大豆、鶏卵や魚介類などに多く含まれているそうです。

 つまり、豚丼や納豆ご飯、豆腐の味噌汁、焼き魚、お寿司などは食べない方が良いという事ですね!

 

 イヤだよそんなん!!

 

 と、心の叫びが出てしまいましたが、ご安心あれ。

 実は、アルギニンと対をなすかのような、リジンという栄養素を摂るとヘルペスウィルスの活動を抑えられるのです。

 リジンが多く含まれている食品は、豚肉、牛肉、大豆、鶏卵、魚介類などですね……めっさかぶってるやん!!

 え、これなら大丈夫ちゃうの? と思いますが、残念ながらアルギニン=リジンで相殺は出来ず、アルギニン<<<リジン くらいは必要になるそうです。悩ましい。

 ちなみに、アルギニンはスーパーアミノ酸と呼ばれるほど優れた栄養素であるらしいので、「ヘルペスイヤや!」と言って完全シャットアウトするのはやめた方が良いらしいです。 

 

 で、そんな僕の対処法を書きたいと思います。

 

 1、リジンの錠剤を呑む。

 日本ではリジンのサプリがなかった(当時)ので、海外の商品を使っています。

 1錠1錠が大きくてびっくりしましたが、かなり効果あります。飲むとマジで3~4日で治ります(通常は2週間弱掛かります)。

 今は日本でもリジンのサプリが出たのかな? そちらは試していませんが……。

 

 2、ゲンタシン軟膏を塗る。

 普通に病院で貰えます(正確には薬局)。もちろん、タダではありませんが、効果はこれも中々です。

 

 今のところ、僕の対処法はこの二つくらいですねー。少ないですねー。

 それでも、これらを知らなかった時に比べて、かなりこの病気と付き合いやすくなりました。

 25歳くらいまではこういった事も全然知らなくて、発症のたび地味~に辛かったので……。

 

 他に良い対処法を知っている方、いらっしゃいましたらコメント欄まで教えて下さいませ。

 

 

 ではではー。

スポンサーリンク