セミリタイアしたい人のブログ

ブログで副収入を得るために頑張るブログ。まずは月1万円が目標。

スポンサーリンク

 

風邪を引いたときに思うこと。

 タイトル通り、どうやら子供、奥さんときて僕まで風邪を引いてしまったようですガッデム。

 こんばんは、儀助です。

 

 

 おかげ様でというべきなのか、昨日は更新できませんでした。

 宣言通りにうどん作って、奥さんと息子と食事を済ませて、お風呂入って(息子も一緒)、スキンケアと着替えを済ませて、寝かしつけした所で自分も限界が来ました。

 奥さん、息子もろともに布団の中へゴー。気づいたら朝というレベルでした。

 

 あ、ちなみにコレが昨日作った我が家のうどんです。

f:id:watatumigisuke:20180331214552j:plain

 ……あんまり美味しそうに見えない? いや、奥さんには大変好評でしたよ!? 息子も麺を細かくしたのを(やってくれたのは奥さん。ありがたや)パクパク食べてくれました。

 とりあえず、結構な量を作ったので明日の夕飯まではうどんで行けるかなー。

 僕の料理は大抵、大量生産なのです。楽だからね!

 

 

 

 

 冒頭にも書いた通り、今は具合が悪いです。

 そして、そんな風に調子が悪くなった時に再認識する事があります。ちょっと不遜な感じになってしまうのですが、どうかご容赦ください。

 

 僕は自分では人並み程度に能力のある人間だと思っています。特に運動に関して言えば、昔から体育は得意で身体を動かすのは好きでした。

 学生時代の運動会や体育祭は心の底から楽しみにしてましたし、当日も当然ながら自分のプログラムを全力で楽しみ(選抜リレーなんかにも良く選ばれてました)、同じチームの活躍を全力で応援してました。

 そして、こういう風に思っていました『自分がこんなにも楽しんでいるのだから、みんなも同じように楽しんでいるに違いない』と。

 

 ある日、僕の友達が言いました。

 

「体育祭やだなー。全員リレーとかやりたくないよ」

 

 僕はこの言葉が全く理解出来ませんでした。「なんで? 楽しいじゃん」と。

 自分の力を発揮して、クラスで力を合わせて勝利を目指す、コレのどこに楽しくない要素があるのだろう? そう本気で思いました。

 まるで宇宙人の言葉を聞いたように、僕の頭の中で彼の言葉は全く処理されなかったのです。

 

 当然ながら、今はなぜ彼がそんな事を言ったのか理解できます。

 彼は、運動が得意ではない生徒でした。自分の苦手なものを心から楽しめる人間というのは、早々いないだろうと思います。

 下手の横好き、なんて言葉もありますが、それは最初は下手っぴでも段々と上達していく喜びが付加されている場合がほとんどな気がします。

 

 

 そう、僕と彼とは、違う人間なのです。同じ人間という種族で、同じ教室に通い、同じ授業を受けて、同じ遊びをして、同じ給食を食べていようとも、別の個人なのです。

 

自分にできるのだから、他の人にもできるだろう

 

 と、安易に考えるのは間違いなのです。

   

    風邪を引いて調子の悪い今は、当然ながら普段通りには動けません。

    こんな状態では何もしたくありません。

 

「体育祭やだなー」と言った彼の気持ちが、こういう時はわかるような気がするのです。

 

 ……なんだか、読み返すと凄く胸糞悪くなる記事ですね……決して彼の事を貶めているわけではありませんよ!

   運動が苦手な代わりに、彼は勉強出来ましたし!(そして僕はおバカさんでした)


   調子悪いせいかな……変な事を書いてしまった気がする……ではでは。

 

 

   

スポンサーリンク