セミリタイアしたい人のブログ

ブログで副収入を得るために頑張るブログ。まずは月1万円が目標。

スポンサーリンク

 

道路の地面にある基準点って何?

 今朝の事です。

 休日の今日(21日)、息子と一緒に朝の散歩をしておりました。

 息子が他の家の敷地に入ってしまったり、ドブに落ちたりしないように目を光らせていましたら、地面にこんなものが。

 

 

f:id:watatumigisuke:20180422011826j:plain

 

 接写すると

 

f:id:watatumigisuke:20180422011834j:plain

 

 ……んん? なんだこれは……。

 今まで全く気にした事もなかったけど、なんとなく目についてしまい気になったので調べてみる事に。

 

 かるーくググった所……緯度とか経度とか標高とかが分かるものらしいです。

 ……それが分かるとどんな事があるの? っつー話なんですが、ちょっと難しくて僕には良く分かりませんでした。

 多分、道路を整備したりする時に必要になるんじゃないかなぁ……程度です。電柱とか新しく建てる時にもいるのかも?

 

 って、全然分からないのもなんだか悔しいので、ちょっぴり調べてみる事に。

 

 

基準点とは、地球上の位置や海面からの高さが正確に測定された電子基準点、三角点、水準点等から構成され、地図作成や各種測量の基準となるものです。

これらの基準点は、すべての測量の基礎として、公共測量、地籍測量、地殻変動観測等に使用されます。

また、都市計画、都市基盤整備、電力・ガスの事業計画や管理、観光開発、交通網の整備、環境管理、福祉計画等に必要な地図作成に基準点が使用されます

http://www.gsi.go.jp/chubu/profile-kijunten-kijunten.htm

 国土交通省 国土地理院より転載

 

 ……なんとか調べて自分の文章で書きたかったんだけど、これより上手い事まとめた文章を書ける気がしなかったので丸々転載。情けねぇ……。

 

 転載ついでにこっちも。

 

  公共基準点とは、地球上の位置を定めた点で、各種測量の基礎となるとても大切なものです。地球上の水平位置や高さを求めるためには、近傍に一定の測量精度を有する基準となる点が必要になり、この点のことを基準点と呼びます。


国土地理院が設置・管理する基準点には電子基準点、三角点や水準点などがあります。他には、都道府県や市区町村などの公共機関が設置・管理する公共基準点があります。


 東京都が設置・管理する公共基準点には1級、2級、3級基準点があります。1級基準点は東京都公共基準点と呼び、建設局土木技術支援・人材育成センター が都内全域に設置、管理しています。2級、3級基準点は、東京都道公共基準点と呼び、都道管理を目的とし、建設局道路管理部、各建設事務所等が設置、管理 しています。(主に、2級は学校やアパート等ビルの屋上に、3級は都道の歩道上にあります。また、島しょ部の公共基準点は総務局各支庁が設置、管理してい ます。)


 2、3級基準点は、様々な公共測量や一般測量に利用できます。

http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/jigyo/road/information/kijunten/index.html

 東京都建設局 東京都道公共基準点より転載。

 

 写真に載っているのは、この公共基準点ですね。電子基準点とか三角点とかはまた別みたいです(詰まるところの用途はほぼ同じと思いますが)。

 少し近所を自転車でグルグルして地面を見てみたんですが、あるわあるわ4級基準点。この4級基準点は、およそ50m間隔で道路のどっかしらにあるみたいです。コレがないと街が成り立たないんだなぁ、って思うとなんかすげー。

 っつか、道路ってマンホールとかもあるし、ドブとかもあるし、電柱も建ってるし、冷静に考えると凄いよね。緻密さっつーか、手間暇っていうのかな。

 ただ、コンクリ流したり、アスファルト固めたりで出来上がる訳じゃないんだなー、って。

 

 道路工事とか、仕事の通勤途中で片側車線使用不可とかなってると、「なんだよちくしょー」とか思ってたけど、工事をするまでの準備とか、実際工事始まってからの緻密さとかを考えるとまた違った感想が出てきそうな気がする。

 当たり前に歩いたり走ったりしている地面だけど、当たり前にある訳じゃないんだなぁ……なんて、少しノスタルジックな気持ちになってしまいましたとさ。

 

 これに限らずだけど、ふとしたアレコレに少し目を向けて生きていくのも面白いかもね。

 

 ではではー。

スポンサーリンク