セミリタイアしたい人のブログ

ブログで副収入を得るために頑張るブログ。まずは月1万円が目標。

スポンサーリンク

 

サッカー日本代表、初戦を勝利で飾りましたね!

 いやー、めでたいめでたい。

 こんばんは、儀助です。

 

 

 序盤の前半6分、決定機を相手GKに防がれて、「おいいぃぃ!?」ってなりましたけど、結果としてそのこぼれ球を押し込もうと香川の打ったシュートが、相手選手のハンドを誘いPK&一発退場、コレがデカかったですねー。完全に結果論ですけどもね。

 

 その後のPKをきっちり決めた香川は偉い! 相手キーパーの動きを見て、冷静にほぼど真ん中でゴール!

 

 サッカーにおいて、先制点を取ったチームの勝率は6割を超えるそうです。

 サッカーは点を取り合うスポーツなので、点取ったチームが勝つのは当たり前っちゃ当たり前なんですけどもね。

 逆転勝利というのは、よほどの実力差がないと(または運が良くないと)あまり生まれません。逆転勝利の統計は2割弱程度らしいです(残りは引き分け)。

 だから、先制点をとれたのは非常に大きいです。更に退場して10人になってしまったというのも、間違いなく追い風となりましたね。

 

 前半30分、相手フリーキックで追いつかれてしまいました。

 

 フリーキックを与える要因となったのは、長友のクリアミスですねー。これはヤバい! と思いました。

 まあ、クリアミスをした長友は、その前に俊足の相手選手にピッタリマークで走り勝ち決定機を阻止してるので……。

 

 とはいえ、ファールを取られた接触そのものは、日本側(長谷部)のファールだとは思いませんでしたが。

 その直前のプレーで、PA内で長谷部と相手選手が接触して倒れましたが、正直こっちはPK取られてしまう可能性もあったな、と思いました。

 多分、その帳尻を合わせた審判の笛だったのではないかなぁ。

 サッカーの試合観てると、結構ある(ように僕は感じる)審判の帳尻ホイッスル。

 審判も人間なので、自分の中の笛の基準通りに毎回吹ける訳ではありませんからねー。

 その時は吹かなくても「……思い返すと、アレってファールだったなぁ……」とかもあるでしょうし。

 

 相手のフリーキックは、跳んだ壁の下を抜けてくる弾道! 昔、雨のピッチで中田英寿とかが決めたりしてましたね。

 キーパーの川島、あと一歩及ばずゴール。まあ、あれは相手のキッカーが上手かったです。あれを止めるのはかなり難しいと思います。スピードはともかく、コースめっちゃ良かったし。

 

 その後も、互いに何度か決定機を作るも決めきれず前半を終え、後半も途中まであまり動かず進行。

 そして、バテてきた香川に代わって本田を投入!

 髪型といい顔つきといい、なんかあんまり日本人に見えないぞ本田。ちょっとブラジル人っぽいと思ってしまった。

 

 その本田、めぐってきたコーナーキックのチャンスで、見事なキックを披露し1アシスト! 監督の采配バッチリ。決めたのは大迫! きっちり枠に入れてきました!

 あのキックはキーパー動けませんねー。出ようかどうか少し迷うけど、結局出れないみたいな素晴らしいボールでした。

 キーパーが出られるボールと出られないボールの違いは、まずボールの着弾地点。当然、キーパーから遠ければ遠いほど、キーパーが接触するチャンスは減ります(極端な話ショートコーナーにキーパーの出番はありません)。

 そしてもう一つ、着弾地点への到達速度です。今回のアシストとなったボールですが、相手キーパーからは極端に遠くはないボールでした。

 それでもキーパーが競れなかったのは、(キーパーのポジショニングも関係してきますが)ボールが速かったからです。

 

 ボールのスピードが遅いと、敵も味方も準備万端となり、特に手を使えるキーパーには有利となります。

 逆に、ボールのスピードが速ければ敵も味方も十分に身構えることが出来ず(事前に合わせとか出来る分味方が有利)、相手選手のオウンゴールを誘う効果も期待できます。

 

 もし、本田の蹴ったボールが遅ければ、相手キーパーは迷う事なくボールに向かって、日本のゴールは生まれなかったでしょう。

 やみくもにコーナーを蹴ってる訳ではないという、隠れたファインプレーなのです。

 その後で結構、ヤバいパスミスかまして日本をピンチに陥れたりしたけどね。

 

 これで2-1となり1点リードの日本!

 無理をする事はせずに、リードを守って試合終了! 3点目が取れれば、もちろん得失点差などの理由で助かりますが、色気を出してカウンターで同点というのが一番最悪なシナリオ。

 無理につっかけて、けが人を出してしまうリスクも増えますしね。

 

 コロンビア相手に勝利を飾った日本、これはかなり幸先が良いです。

 この調子で、2戦目も頑張ってほしい!

 

 

 ではではー。

スポンサーリンク